前へ
次へ

現代医療の病気とストレスへの考え方

医療現場では現代社会の病気の原因として、ストレスが大きく関与していることがわかっています。ストレスとは何かというと、人間の体の内部に起こる刺激に対して、変化がでてきていつの間にか病気へとなっていくことです。そしてストレスという言葉が使っている人の都合によって、捉え方が代わっていることにも原因があります。医療現場ではストレスが高くなると、胃潰瘍になったり細胞の変化ということではガンなどもひとつの要因となっています。理解をして対応していくことにより、生活習慣病などのリスクを減らすことができますし、処置の仕方もわかってきます。ストレスを人間の病気発生のメカニズムと考えたのは、ストレス学説を発表したカナダの生理学者なのは有名です。人間に変化が起こることですが、これは古くからあることで生活様式が変わってきたことによって、様々な病気へ発展しています。医療ではストレスを解消するための方法として、健康な生活をすることが上げられます。

Page Top