前へ
次へ

日本国全体で考えたい医療の未来

少子高齢化が進んでいる日本ですが、懸念されているのが膨らみ続けている医療費ではないでしょうか。必要な医療費であれば問題はありませんが、必要がないのに病院を訪れる方がいます。とりわけ高齢者に関しては、病院の役割を勘違いしている方もいます。救急車をタクシー代わりに呼ぶ方もいますし、本当に重病の方が手遅れになってしまうことがあります。医療制度改革が叫ばれていますが、救急車を有償にするのも良いのではないでしょうか。これだと無駄に呼ぶ方が減るでしょうに、現場の隊員に判断を委ねるのも効果的です。また、掛かり付け医を持っておくのも大切です。軽い病気や怪我の場合は、地域の掛かり付けで診てもらうようにするべきです。そうすることで、総合病院の混雑は緩和されるはずです。医師や看護師の負担も少なくなりますし、相乗効果がもたらさせるのではないでしょうか。国民の一人一人が意識を高めて、目の前の危機に立ち向かうべきです。

Page Top